ぱらダイアリー

@PALLAGEEMの日記です。不定期更新です。

僕の好きなゲーム音楽集

0.はじめに

ゲームにおいて、音楽は非常に重要な要素となっています。盛り上げ、緊張、笑いなど、演出に欠かせない存在だからです。その分、音楽に力を入れている作品も少なくありません。今日は、これまで僕が聴いてきた中でもイチオシのゲーム音楽を紹介したいと思います。それと、あまりに有名な音楽(ポケダンのvs.ディアルガなど)を紹介しても実りがないので、知名度がやや低いと思われるものをあえてチョイスしました。本当はもっとたくさんの音楽を紹介したいのですが、あまり冗長になってもいけないので、15曲とさせていただきました。いつかまた同様な記事を書くかもしれませんけどね。勉強や散歩のオトモにどうぞ。

 

著作権に関する法律については明るくないので、法律に抵触しないよう、また、要らぬトラブルを避けるため、該当する音楽を再生できる動画サイトのURLはあったとしても貼りません。

 

 

1.ポケットモンスターシリーズ

・サンセットコロシアムBGM(ポケモンバトルレボリューション)

ポケモンシリーズのBGMで一番好きな曲です。ギターとピアノのパートが交互に続くのが印象的です。サンセットコロシアムのどこか神秘的な雰囲気とマッチしています。惜しいのは、バトレボのサントラが発売されていないことです。バトレボは良曲が多いので、発売したら絶対に売れると思うんですけどね。何か大人の事情があったのでしょうか。 

 

・使命を抱いて(ポケモンBW)

タイトルがカッコいいです。Nの城に乗り込むときのBGMです。最終決戦間近って感じで、まさにタイトル通りの雰囲気です。

 

・戦闘!継承者コルニ(ポケモンXY)

ジムリーダー戦のアレンジですね。ジムリーダー戦の音楽もそうなのですが、ポケモン曲には珍しいスタイリッシュな路線の曲です。パーカッションのリズムが心地良いです。

 

ポケモンの良曲ってどれも有名どころばかりなので、改めて紹介するものが少ないですね。ちなみに、僕が好きな携帯ゲーム用タイトルは、ストーリー面ではBW、雰囲気面ではDP、思い出補正ではRSです。音楽面では、カセットによって音源が違うので、それぞれの作品に良さがあると思っています。

 

 

2.STG関連

・「あの未来に続く為」だけ、の戦いだった(怒首領蜂大復活)

まずタイトルがカッコいいです。しかも、曲もメチャメチャカッコいいです。何食ってたらこんなキャッチーなメロディーラインを思いつくんでしょうね。

 

・vertigo(怒首領蜂大復活ブラックレーベル)

僕が最も気に入ってるゲーム音楽です。この曲を聴くためにSteamでゲームを購入しました。入りからカッコいいし、途中の盛り上がりもカッコいいし、もう全てが神だと言えます。僕のショボい語彙力ではこの良さを伝えることが出来ないので、絶対に聞いてほしいです。

 

・ミチ(怒首領蜂最大往生)

弾幕STGとは思えないほど爽やかな曲です。何度も聴いているうちにハマってしまう、いわゆるスルメ曲だと僕は思っています。最大往生のステージ曲はどれも素晴らしく、特にステージ1のランとステージ3のアイはこの曲に負けないくらいカッコいいです。是非聴いてみてください。

 

・Hello 31337(ダライアスバースト)

ゲーム音楽好きには有名な曲ですが、STGの曲を聴いたことがないって人は多いと思うので一応。ダライアスバーストはアジアンテイストの曲が多いのですが、その中でも異彩を放っている一曲です。最強クラスのボス、グレートシングとの戦闘曲で、圧倒的な物量の弾幕、画面からはみ出すほどの巨体が放つ重厚感といったダイナミックなイメージとマッチしています。僕がダライアスシリーズにハマったきっかけでもあります。

 

・Catabolism(ダライアスバースト クロニクルセイバーズ)

ボス戦らしからぬ落ち着いたシャレオツ曲。タイトルのCatabolismは異化(生物がエネルギーを取り出す代謝過程のこと)という意味。ボスが"イカ"型なのとかけているのでしょうか。

 

組曲 光導 -第5曲 暴君-(ダライアスバースト アナザークロニクル)

静かで神秘的な入りから一転して、激しいサビに入るときの盛り上がりがカッコいいです。ボス登場の演出と相まって、緊張感とワクワク感がピークに達します。

 

 

3.ロックマンシリーズ

・ファイターズソウル(ロックマンエグゼ4.5)

エグゼの戦闘BGMといえばグレイトバトラーズが有名ですが、こっちも負けないくらいカッコいいと思います。アツいメロディーラインのグレイトバトラーズとは正反対に、コチラは静かに闘志を燃やすような落ち着いたテイストの曲です。

 

・Battle Start!(ロックマンエグゼ5)

ただの戦闘BGMなのにこれだけ完成度が高いとは…。ハイテンションでノれる曲です。何度も聴いた曲なので、強く印象に残っています。さっきリビングでかけていたら、母さんも「あ、これ昔やってたゲームの曲でしょ」と言っていました。頭に残りやすいメロディーなのでしょうか。

 

・Break the Storm(ロックマンエグゼ6)

初めて聴いた時、鳥肌が立ったのを今でも覚えています。昔からこういう哀しげな中にアツさのあるメロディーが好きだったのかもしれません。

 

・The Place You Must Return(流星のロックマン)

クレジット曲。落ち着いた雰囲気のキレイな曲です。宇宙を背景にしたスタッフロールのムービーと合わせて聴いてください。

 

・Road to Victory(流星のロックマン2)

対戦BGMらしく非常にアツい曲。友だちとアホほど対戦したので、今でも脳内再生出来ます。流星3の対戦BGMも良いのですが、コッチの方が落ち着いていて、個人的には好みです。

 

・ダイヤ・アイスバーンのステージ(流星のロックマン3)

流星のロックマン3のボスステージBGMはどれもカッコいいので、是非聴いてみてください。

 

4.最後に

こうしてラインナップを見ると、趣味全開でしたね。本当はもっと紹介したい曲があったんですけどね。逆転裁判シリーズ、エースコンバットシリーズ、ペルソナシリーズあたりは良い曲が多いので、興味がある人は探してみてください。今まで色んなゲーム音楽を聴いてきましたが、世の中にはまだまだカッコいいゲーム音楽がたくさんあると思います。もし何かオススメ(なるべくマイナーなやつが良いです)があれば、ツイッターでもコメント欄でもいいので、教えていただけるとありがたいです!

 

P.S. マビノギデュエルは音楽が強みの一つなんだからさっさとゲーム内BGM配信しろ。

僕の考えた楽しい遊び集

1.長俳句

その名の通り長い俳句である。一日中遊べる。体言止めや省略など様々な技法があり、奥が深い。

【ルール】

・3人(選手2人、審判1人)で遊ぶ。

・両者の句が完成した後、審判が優れた方を判定する。

・制限時間は無制限。ただし、片方の句が完成した後、24時間経過してもなおもう一方の句が完ない場合、審判権限で敗北とすることが可能。

・日本語のみ使用可。

・必ず季語を入れる。

・4516164079759885音→916464318046457619193446音→4516164079759885音で構成。

・両選手の同意により、試合中に広辞苑の使用が可能。

 

 

2.飽きた

飽きた

ぱらトラベル 〜富士山編〜

富士山を登ってきました。まあ、本来の目的は診療所でのボランティアなんですが、僕に出来ることはほとんどなかったので、主に山頂アタックの記事となります。

 

1日目

五合目までは車で行きました。台風一過で晴れることを見越したのでしょうか、想像以上に賑わっていました。外人の割合が高かったのも印象的でした。風呂上がりみてえなナメた服装の外国産ナオンが多くて、目のやり場に困ってしまいました。あと、馬(登山用?)がいるので臭いです。馬の周りをウロウロしていたら馬使いのおばさんに怒られてしまいました。

f:id:PALLAGEEM:20170810235617j:image

f:id:PALLAGEEM:20170811000427j:image

 

駐車場から山中湖が見えます。もしかしたら、山中湖ではないかもしれません。

f:id:PALLAGEEM:20170810235934j:image

 

診療所は七合目なので、七合目までは自力で登らなければなりません。砂利道は足を取られてしまうので、とても歩きづらいです。画像は六合目です。

f:id:PALLAGEEM:20170811000114j:image

f:id:PALLAGEEM:20170811000519j:image

 

七合目に着きました。六合目から七合目は少し距離があります。目的地はココです。今日

はココで患者さんを待ちます。

f:id:PALLAGEEM:20170811000746j:image

f:id:PALLAGEEM:20170811003702j:image

 

ピザポテトです。パンパンですね。ピザポテト・パンパンです。

f:id:PALLAGEEM:20170811000904j:image

f:id:PALLAGEEM:20170811001746j:image

 

幸い、患者さんが来ないまま、夕食の時間になりました。近くの山小屋で夕食をいただきます。昼メシを食べ損ねたので、身体に染み渡りました。

f:id:PALLAGEEM:20170811001726j:image

 

バッチリ晴れていたので、夜はキレイな星空を見ることができました。

f:id:PALLAGEEM:20170811003857j:image

f:id:PALLAGEEM:20170811005024j:image

 

 

2日目

ご来光を見るために、朝4:30に起床です。

f:id:PALLAGEEM:20170811004036j:image

f:id:PALLAGEEM:20170811004346j:image

 ご来光の瞬間には上の方からバンザイが聞こえてきます。無事にご来光をおがむことか出来たので、山頂アタックのスタートです。ルートは吉田ルートを使います。

 

 

八合目までは岩道が続きます。手も使って登るので、軍手が必須なのですが、僕は軍手がなかったので痛い思いをしました。皆さんは軍手を忘れないようにしましょう。

 

f:id:PALLAGEEM:20170811005311j:image

f:id:PALLAGEEM:20170811005315j:image

 八合目に到着です。ここからがとても長いのです。あと、トイレの近くはとても臭いです。赤潮みたいな臭いがします。しょうがないんですけどね。

 

八合目からとてもキレイな写真が撮れました。

f:id:PALLAGEEM:20170811010548j:image

 

八合目あたりから植物がなくなってきます。

f:id:PALLAGEEM:20170811010625j:image

 

本八合目をこえて、ずっと登るとようやく九合目です。九合目は意外とショボいです。え?ココ?ってなります。すぐ上に山頂が見えるので、もう楽かと思いきや………?

f:id:PALLAGEEM:20170811010729j:image

f:id:PALLAGEEM:20170811011113j:image

 

十合目到着です。九合目からがメチャメチャキツかったです。ここにきて酸素の薄さを感じました。ただ、初登山初富士山でバッチリ登頂出来たのはとても嬉しかったです。

f:id:PALLAGEEM:20170811011128j:image

f:id:PALLAGEEM:20170811011147j:image

f:id:PALLAGEEM:20170811011936j:image

 

さて、昼までに診療所に戻って来いとのことだったのですが、ハイペースで登り続けたため、5:20ごろ出発したのに7:50ごろ山頂に登頂出来ました。せっかくなので、山頂を満喫することにしました。

 

富士山の山頂は、真ん中に火口(?)があって、そこを取り囲むように道があります。意外と距離と高低差があって、一周するのはかなり時間がかかります。

f:id:PALLAGEEM:20170811011349j:image

f:id:PALLAGEEM:20170811012211j:image

 

また、時刻も関係あるのでしょうが、山頂付近はとても冷えます。止まっていると、とても寒いです。

f:id:PALLAGEEM:20170811011521j:image

f:id:PALLAGEEM:20170811011557j:image

 

山頂の中でもさらに高いところがあるようだったので、僕たちはそこを目指すことにしました。剣ヶ崎といって、多くの人が写真を撮るために列を作っていました。近くには、気象観測所もあります。どうでもいいんですけど、気象観測所って早口言葉っぽいですね。

f:id:PALLAGEEM:20170811011732j:image

f:id:PALLAGEEM:20170811012300j:image

f:id:PALLAGEEM:20170811011838j:image

 

そっから色々グダグダして、下山をすることになりました。下山はラクだろうと考えていたのですが、実は、(個人的には)登りよりも大変な道のりだったのです。下山には下山道を使います。下山道では、クローラーっていう坂道を登れるブルドーザーみてえなゴツい車とすれ違います。すぐ目の前を通過するので、大迫力です。

f:id:PALLAGEEM:20170811012410j:image

 

普通、下山道に従って降りていって麓まで行くのですが、僕らは診療所に戻らないといけないので、途中から登山道を降りないといけないのです。そして、登山道はゴリゴリの岩道です。滑ったら冗談抜きでヤバいので、行きよりも慎重に歩みを進めなければなりません。

f:id:PALLAGEEM:20170811012620j:image

 

下山を始めて2時間弱、ようやく診療所に帰って来られました。山小屋でお昼をいただきます。空腹を極めていたので、メチャメチャ美味かったです。

f:id:PALLAGEEM:20170811012756j:image

 

これで山頂アタックは終わりです。いろいろ端折ったのと、写真をたくさん撮る余力がなかったのとで、ブナンな記事になってしまいました。ただ、山頂からの眺めはサイコーなので、興味を持った方は、是非トライしてみてください。そして、万が一体調が優れないときは、遠慮せず近くの診療所に寄るようにしてください。多分、お金は取られないと思うので大丈夫です(結構これを心配する方は多いそうです)。

 

高山病はスポーツをやっている、いないに関係なくなります。また、友だちと一緒に登山をする若者は、体調不良を言い出せずに無理をして、悪化するケースが少なくないそうです。

f:id:PALLAGEEM:20170811013032j:image

 

無理せず、楽しい登山を!

 

 

☆オマケ☆

今回のベストショット

f:id:PALLAGEEM:20170811013303j:image

 

 

 

房総半島を一周してきました!

今日は、房総半島を一周してきました!以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、こんなんで記事が終わったら異常ですね、ハハハ(以上とかけたウマいシャレ)。実は、色んな用事が重なって、ここ1ヶ月は日曜日に休みを取ることが出来なかったのですが、今日は久しぶりのオフということで、のんびり房総半島を一周してきました。

(この画像は拾い物です)

f:id:PALLAGEEM:20170709234519j:image

 

出発はJR外房線沿いの鎌取駅です。

f:id:PALLAGEEM:20170709233757j:image

ここは、僕の友人Tくんの家がある駅です。実は、昨日からTくんの家に泊まり、徹夜でゲームをして、そのまま深夜テンションで房総半島を一周する運びとなったのです。

 

 

f:id:PALLAGEEM:20170709234013j:image

 f:id:PALLAGEEM:20170709234322j:image

線路沿いに広がる田んぼがとてもステキでした。

 

 

f:id:PALLAGEEM:20170709234643j:image

 しばらく行くと、海が見えてきます。

 

 

f:id:PALLAGEEM:20170709234757j:image

終点の安房鴨川駅でいったん降ります。

 

 

画像を貼るのが面倒になってしまいました。後は適当に帰宅します。つくづく僕はブログに向いていませんね。

 

 

 

 

 

☆☆おまけ☆☆

海面に反射する夕陽がとてもキレイでした。

f:id:PALLAGEEM:20170709235125j:image

 

予測変換のみで記事を書く

【ルール】

・「あ」の予測変換から始めて、予測終わり、あるいは、無限ループに陥ったら、「い」の予測変換から文を構成する。そのまま、「ん」まで続ける。

・予測変換の候補が先に出たものの場合、今まで出ていないものの中で、最も順位の高いものを選択する。

・面白い記事にならなかったらスマホをドリルで砕く。

 

 

 ありますか?のメールしておきます。言ってくれて、うんうんエッチしておきます。可能ならないようです。決まってたんだったらくれて結局来ないということだぞ。先にちょっと、死んでも、すでに前回その手順を省いたら、そのためにはなるんですけど、食べるよいや、着です。次のイベントの時のことになってるけど、出た。ところの方が、中でもいいの弐寺はないので、抜けて、寝起きが悪くなるんだよな人RT←🗡の、場合には、日を楽しみの一つ星が流れた。部室の鍵の方が、返信が来るものではないらしいです。僕に聞かれても、火に油の匂いまだ、身の回りの出来事を思い出して、ムリカタツムリ🐌、メールは、もう、やってるさん時のユニコは良いのか?ライブのチケットにはリーダーの方が、類にもレイボーの、炉にも、わけでもをかして、ん。

 

 

今、ドリルでスマホを砕いています。

久しぶりの更新!

皆さん、お久しぶりです。ぱらじーむです。最近、リアルが忙しくて全く更新出来ていませんでした。あと、これは更新出来ていなかったことと全く関係ないのですが、記事を書くモチベーションもありませんでした。

 

ところで、書いててふと思ったんですけど、このブログはダイアリー(日記)の名を冠している以上、日々の出来事を書かなければならないのかもしれません。決して、ツイッターの延長みたいな感じで、大喜利をする場所ではないようです。

 

というわけで、今回はここ最近の身の回りの出来事について書こうと思います。

 

 

 

 

 

 

よくよく考えたら寝て食って寝てるだけでした。これでは記事になりません。アーメン。

 

 

☆☆☆おまけ☆☆☆

【さっき思いついた面白い挨拶】

お久しぶりブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! 

 

 

 

 

ブログはツイッターの延長です。

 

人の金で焼肉を食べる方法

1.己の願望を知る

「人の金で焼肉を食べたい」

これは誰しもが持つ内なる願望。これを実現するために、まずはこの願望を品詞分解によって徹底的に分析する。

 

人[名詞]…自分以外の人間を指す

の[格助詞]…所有の意味を表す

金[名詞]…商品の購入等に必要なもの

で[格助詞]…手段、方法を表す

焼肉[名詞]…料理名

を[格助詞]…動作の対象を表す

食べ[動詞]…バ行下一段活用動詞「食べる」の連用形

たい[助動詞]…希望の助動詞「たい」の終止形

 

以上を踏まえると、「人の金で焼肉を食べたい」という言葉は、「人の金で焼肉を食べたい」という意味であることがわかる。

 

 

2.なぜ人の金で焼肉を食べたいか

そもそも、なぜ「人の金で焼肉を食べたい」のかをはっきりさせておく必要がある。これを解き明かすには先の品詞分解が鍵となる。品詞分解の結果、意味を持つ要素およびフレーズは「人の金」「焼肉」「食べたい」であることが分かる。つまり、これらが「人の金で焼肉を食べたい」という文言を万人の欲求たらしめているのである。

はじめに、「人の金」部分について考察する。これが、「自分の金」であったらどうだろうか。焼肉は、それなりのクオリティを追求するとなると、決して安いものではない。したがって、自分は焼肉と引き換えに金銭を失う(この場合、支払いという扱いなので不適切な表現ではある)ことになる。逆に、「人の金」であれば、自分の経済的損失はゼロで焼肉を楽しむことができる。これは、大きなアドバンテージと言える。

次に、「焼肉」部分について考察する。これが、他の料理であったらどうだろうか。例えば、「焼き鳥」。僕は焼き鳥が好きではないので、万人の欲求にはならない。また、「豚しゃぶ」ならどうか。言うまでもなく、イスラム圏の人々の欲求にはならない。では、高級料理の代表である「寿司」ならどうか。日本人には好評かもしれないが、海外では生魚を食べる文化が普及していない地域もあるので、これも同様に却下である。その点、「焼肉」ならなんの問題もない。なぜなら、万人が焼肉を好むからである。

最後に、「食べたい」部分について考察する。これが、他の行為であったらどうだろうか。万人の欲求を象徴する文言であるためには、やはり三代欲求のいずれかに関係していなければならないだろう。つまり、食欲、性欲、睡眠欲である。まず、性欲について。確かに、人の金で性欲を発散出来れば素晴らしいかもしれない。しかし、配偶者を持つ者にとって、それはすなわち不徳である。少なくとも、僕の知る限り、そういった行為をそのように位置付ける人は少なくない。したがって、万人の欲求を象徴する行為としては不適切である。次に、睡眠欲についてである。これは、わざわざ人の金を使わなくとも可能な行為なので、万人の欲求とは到底なり得ないだろう。

以上3つの考察により、「人の金で焼肉を食べる」ことが万人の欲求であることが分かった。

 

 

3.どのようにして実現するか

最後に、最も肝心な部分、すなわち、どのようにして「人の金で焼肉を食べる」かについて考察する。まず、前提として、自分と自分以外が必要になる。そして、人は焼肉を奢るだけの十分な金を持っていなければならない。このもとで、人に焼肉を奢ってもらう方法を考える。手段は、受動的な方法と、能動的な方法の二つに分けられる。すなわち、むこうから焼肉を奢りにくるケースと、こちらから焼肉を奢るよう要求するケースである。前者について、こちらが現実的でないのは言うまでもないだろう。いきなり焼肉を奢ってくるようなアヤしい人はむしろ警戒するべきである。したがって、後者について考える。ここで重要なのは、こちらが損失を出しては本末転倒であるということだ。あくまでも、こちらからは何も出さずに焼肉を食べる方法を追求したい。このような場合、相手の立場に立って考えることがしばしば有効である。つまり、どのような人なら焼肉を奢ることを厭わないかということである。結論としては、美少女以外のなにものでもない。つまり、美少女になれば良いということだ。

 

いささか長い論を展開したが、「人の金で焼肉を食べるにはどうすればよいか」の問に対しては、シンプルに「美少女になる」を解としたい。

 

 

4.最後に

こんなクソ記事読んでないでさっさと寝ましょう。